ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 口腔ケア・口臭予防 」 一覧

マーシュマロウ
ハーブティと期待される効果効能紹介

マーシュマロウは粘液質を含有し、優れた粘膜保護作用があるハーブです。喉・呼吸器の保護はもちろんのこと、鎮痛作用や便通を整える働きと合わせて胃痛や下痢など消化器系の不調や炎症にも高い効果が期待できます。保護・保湿・殺菌・抗炎症などの働きからスキンケアにも有用とされるほか、乾燥肌や肌荒れ対策、傷・火傷のケアなどにも

画像:クローブ(Clove)

クローブ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

優れた鎮静作用や殺菌作用から歯科用品でも利用され、「歯医者さんのハーブ(香り)」とも言われるクローブ。体を温める作用や消化機能を助ける働きがあり、胃弱・冷え性・虚弱体質の方に適しているほか、近年は抗酸化作用の強いアンチエイジングスパイスとしても注目されています。口臭対策やマウスウォッシュ代わりの利用などにも

画像:カルダモン(Cardamom)

カルダモン
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

インド料理に欠かせないスパイスで、香りの良さから「スパイスの女王」とも呼ばれるカルダモンは胃腸機能改善・不調緩和に高い効果が期待できるハーブです。気持ちを落ち着けリラックスさせる働きからストレス性の不調に、体を温める作用や呼吸器系に有効なことから風邪の初期症状にも利用されています。口臭予防などにも

画像:クランベリー(Cranberry)

クランベリー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ドライフルーツやジュースでもお馴染みのクランベリーは古くから泌尿器関係のトラブルに対して民間療法で用いられていました。キナ酸とプロアントシアニジンの働きで細菌の増殖を抑え排出を促す働きが認められており、その他にも風邪やインフルエンザの予防・疲れ目対策・老化防止・口腔ケア・むくみなど様々な面から健康維持に

画像:コモンセージ

セージ(コモンセージ)
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

肉調理のハーブとしても知られるセージ。優れた抗菌・抗ウィルス作用を持つことや、ハーブ類の中でもトップクラスの抗酸化作用を持つことが報告されており、神経系の強壮や集中力アップなどにも役立つと考えられています。更年期障害など女性領域の不調軽減にも取り入れられていますし、消化促進など幅広い用途で利用出来るハーブとして古くは万能薬と考えられていたそうですよ。体臭や加齢臭予防に繋がる

画像:フェンネル

フェンネル
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

フェンネルは甘くスパイシーな香りが特徴のハーブ。ヨーロッパからアジアまで各地で消化機能のサポートに利用され、古代ギリシアやローマではダイエットティーとして愛されてきた歴史もあります。現在でもデトックスティーとして取り入れられているほか、エストロゲン様作用が期待されるアネトールを含むことから更年期障害や月経トラブルなど女性領域への働きも期待されていますよ。そのほか香りによるリラックス

画像:ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパの民間医療で安産をサポートしてくれるハーブとして利用されてきたラズベリーリーフ。現在でもポリフェノールの一種であるフラガリンに子宮・子宮周りの筋肉を整える働きが期待され、分娩や産後の回復のサポートをはじめPMSや生理痛など女性特有の不調軽減にも効果が期待されています。また近年は「ラズベリーケトン」に高い脂肪分解効果がある可能性が報告されたことから、肥満予防やダイエットサポート

画像:タイム

タイム(コモンタイム)
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

タイムは殺菌作用が強く、風邪やインフルエンザなどの感染症予防や喉の不調、口腔ケアに有効と言われています。肌に対しても抗菌・抗真菌作用がありますので水虫などの皮膚感染症のケアにも利用されます。血行促進や消化促進、リラックスなど幅広い効果が期待出来ます。うっ帯除去、利尿、強壮、抗酸化、収れん、鎮痙、去痰