エキナセア
ハーブティーと期待される効果効能紹介

アメリカで古くから使われてきた「天然の風邪薬」

エキナセアは免疫機能を高める働きがあるハーブとして、ドイツやアメリカを中心に高い人気を誇るハーブです。抗菌作用や抗ウィルス作用もあることから風邪やインフルエンザ予防や回復サポートに、免疫機能を正常に整えることからアレルギー軽減にも効果が期待されていますよ。そのほか皮膚炎症対策やメンタルケアなどに対する有効性も報告され、内服・外用と広く使われています。ただしアレルギー体質の方や自己免疫疾患のある方の使用については懸念もあるため、使用には注意が必要です。

画像:エキナセア(ムラサキバレンギク)

 

エキナセアについて

植物紹介:ムラサキバレンギク

風邪やインフルエンザ予防・免疫力が気になる方向けのハーブやサプリメントとして、日本でも見かける機会の増えているエキナセア。欧米では高麗人参銀杏葉セントジョーンズワートなどと共に“近代のベストセラーハーブ”と言われるほどポピュラーな存在で、ヨーロッパの一部では伝統的医薬品(THMPD)としても利用されていますよ。サプリメント大国アメリカでも人気があるハーブの1つなのだとか。

エキナセアはキク科ムラサキバレンギク属に分類される多年草。園芸品種も多いので違うものもありますが、花の中心部が盛り上がり花弁が下向きに放射状に広がる、てるてる坊主などを連想させるような形状の花をつけます。ムラサキバレンギク属の属名としても花の呼び名としても使われている「エキナセア(Echinacea)」という言葉も、この花の形状からハリネズミを意味するギリシア語ekhinosが語源になっているそうですよ。ちなみに和名ではムラサキバレンギク・英名ではパープルコーンフラワーとも呼ばれるように薄紫色を花をしたものが知られていますが、観賞用としてはピンクやオレンジ・黄色・白などカラーバリエーションも様々で八重咲きもあります。

広義でのエキナセアはムラサキバレンギク属の植物の総称のため、園芸品種まで含むと非常に数が多くなっています。種としても9種があると言われていますが、薬草として利用されてきた種はエキナセア・アングスティフォリア(E.angustifolia)、プルプレア(E.purpurea)、パリダ(E.pallida)の3種類で、現在ハーブとして利用されているのは主にangustifolia種purpurea種の2種類となっています。またこの二種のうちでも学名Echinacea purpure、和名をムラサキバクレンギクされる種が利用数が多いと言われており、その有効性に対する研究が最も進められているようです。

原産地とされる北米の平原地域に住む先住民の人々は、古くからエキナセアを薬効のある植物として利用してきたと伝えられています。毒消しに良いと考えられ蛇に噛まれた傷に用いられた他、切り傷・化膿などの手当にも用いられたそう。またシャイアン族はリウマチや関節炎・喉の痛みに、カイオワ属は咳や喉の痛みに、など部族によって使用するエキナセアの種類・用途に若干の違いがあったと伝えられています。ともあれ、北米のネイディブアメリカン達が薬草として利用していたことから日本では「インディアンのハーブ」「ネイティブアメリカンの秘薬」などとも紹介されていますね。

19世紀頃になるとアメリカの折衷主義の医師を中心に、呼吸器感染症や皮膚疾患の治療・鎮痛などの目的で取り入れられるようになっていきます。そのほか梅毒やマラリアなどにも利用され、一時期は万能薬のように扱われていたのだとか。1985年頃にはドイツの科学者が国へと持ち帰ったことで、ヨーロッパでも栽培が行なわれるようになります。20世紀に入るとドイツを中心にヨーロッパの国々でも本格的な臨床研究が行なわれるようになり、抗菌性や感染症予防に対する有効性が報告されたことで世界的に注目されるハーブの1つとなっていきます。

エキナセアは様々な治療に取り入れられていましたが、1950年頃に抗生物質が登場したことで需要は衰退します。しかし健康志向・自然派の人々が増えたことから、栄養補助食品・健康食品として再び注目されるようになりました。現在でも「天然の風邪薬」と称されているエキナセアですが、治療というよりは予防や初期症状ケアのと考えたほうが良いでしょう。

基本データ

通称
エキナセア(Echinacea)
別名
エキナケア、パープル・コーンフラワー(Purple Coneflower)、紫馬簾菊(ムラサキバレンギク)、紫西洋菊(ムラサキセイヨウギク)、金光菊、紫錐花など
学名
Echinacea purpure
もしくはE.angustifolia
科名/種類
キク科ムラサキバレンギク属/多年草
花言葉
優しさ、深い愛、あなたの痛みを癒します
誕生花
3月16日、8月20日、10月7・13日
使用部位
根、地上部(葉・茎・花)
代表成分
エキナセイン、フラボノイド類、カフェ酸誘導体(エキナコシド、シナリン)、アルキルアミド(イソブチルアミドなど)、多糖類(イヌリン)、ベタイン、精油など
代表効果
抗菌、抗ウイルス、免疫賦活、抗炎症、抗アレルギー、抗酸化、抗不安
こんな時に
風邪・インフルエンザ予防、免疫力向上、風邪の初期症状ケア・治癒促進、アレルギー軽減、むくみ、尿素感染症(尿道炎・膀胱炎)、関節痛、ヘルペス・ニキビ予防
おすすめ利用法
ハーブティー、ハーバルバス、ハーブチンキ
ハーブティーの味
ドライな草の香り、さっぱりしているが少し青臭さを感じる場合も
カフェインの有無
ノンカフェイン

エキナセアの栄養・成分・期待できる効果

エキナセアティー

免疫力のサポートに

風邪・インフルエンザ予防に

エキナセアには免疫機能の働きを高めると考えられている糖タンパク質やフラボノイドが含まれていることが分かっています。加えて特有成分とも言われるエキナセインには細菌やウィルスの働きを抑制する働き・エキナコシド(エキナコサイド)には白血球の一種であるマクロファージの活発化などの働きを持つ可能性が報告されています。抗菌・抗ウイルス作用と免疫機能の向上から、エキナセアは風邪やインフルエンザを始めとした感染症の予防や回復促進に効果が期待されています。

そのほかアラビノガラクタンによるインターフェロン活性化・免疫機能回復なども期待されており、コネチカット大学のコールマン博士が行った研究分析では「エキナセアを服用した人は風邪をひくリスクが半分以下になる」という事も発表されています。しかしエキナセアとプラセボでの比較実験では差異が見られなかったという報告もあり、有効性を疑問視する声もあります。作用秩序もはっきりと分かっていないこと・エキナセアの品種や抽出方法によっても効果に差があることから、現在も作用解明のために研究が行われているハーブだということは認識しておくべきでしょう。

風邪やインフルエンザなどの感染症予防のためにエキナセアのハーブティ・チンキを飲用する場合は2週間飲んで1週間休むというサイクルで継続するのが効果的だと言われています。ビタミンCと併用すると風邪発症率抑制がアップするという報告もあるためローズヒップなどと組み合わせるのもおすすめです。ただしドイツのコミッションEからは8週間以上の連続摂取を避けるよう警告も出されていますし、休みを開けずに飲用し続けると効果が薄れる可能性が示唆されていますから適度に“お休み”の期間を設けて取り入れるようにしてみて下さい。


風邪の初期症状緩和に

エキナセアは免疫機能を高める以外に、炎症を抑える働きも期待されているハーブです。これはエキナコシドを含むカフェ酸誘導体やフラボノイドなどのポリフェノールがLDL酸化活性を抑制することや、キシラン・アラビノガラクタンなどの多糖類が免疫力向上のほか抗炎症作用を持つためではないかと考えられています。

このため免疫機能を助けて回復を促すだけではなく、頭痛・のどの痛み・鼻炎・発熱などの症状そのものを軽減する働きも期待できるでしょう。「天然の風邪薬」と言われる理由でもありそうですね。風邪やインフルエンザのケアとしては「インフルエンザの特効薬」とも称されるエルダーフラワーや、体を温めてくれるジンジャーなどを加えて飲まれることも多いようです。


アレルギー性鼻炎・花粉症軽減に

エキナセアは免疫機能を高めると称されていますが、これは過剰に攻撃性を増すものではなく正常に機能するようサポートしてくれる働きを指しています。2006年にはノースカロライナ大学からエキナセアに含まれるアルキルアミドがT細胞によるIL-2分泌を抑制することで、免疫調節機能を持つことが示唆された研究報告も発表されています。抗炎症作用も期待できるため、エキナセアは花粉症やアレルギー性皮膚炎などのアレルギー症状の軽減にも取り入れられています。季節の変わり目に体が重くだるいタイプの方に良いという説もありますよ。

ただしエキナセアはキク科植物であり、特に外用・サプリメントなどの抽出物を使用した場合はアレルゲンとして作用してしまう可能性も指摘されています。アトピーやアレルギーを持っている方の場合はエキナセアに対してアレルギーを起こしてしまう可能性が高くなることも懸念されていますので、初めて摂取する場合であれば一日1杯以下のハーブティーからスタートすると良いでしょう。ティーやチンキの使用で花粉症が緩和されたという方もいらっしゃいますが、医薬品ではないので効果の実感についてはまちまち。自分の体質に合うかを見極めながら取り入れるようにして下さい。


そのほか期待される作用

むくみ・排尿トラブルに

風邪予防など免疫機能関係で取り入れられることの多いエキナセアですが、それ以外にリンパの循環を活性化させ老廃物の排出を促進する働きがあるとする説もあります。この働きからむくみ改善やデトックスのサポート用としてブレンドティーに加えられていることもあるそう。また抗菌・抗ウィルス作用や免疫力を高める働きから、ドイツでは尿道炎・膀胱炎など泌尿器系感染症に対する民間療法としてもポピュラーなハーブとされています。

むくみが気になる方はダンディライオン(ルート)ゴボウなどとブレンドしても良いと言われています。ただしエキナセアはアレルギー性なども懸念されていますから、生理前など一時的なむくみ対策としてではなく、継続して利用したい場合は前記のハーブだけにする・作用が穏やかなハトムギ茶などを飲むようにしたほうが無難です。


頭痛・関節炎などの痛み緩和に

エキナセアは伝統的にネイティブ・アメリカン達が頭痛などに対する鎮痛剤として利用していたハーブで、現在でも痛みの緩和に役立つと考えられています。頭痛や歯痛・腹痛など様々な痛みを緩和する働きが期待されていますし、近年は抗炎症作用と合わせて関節炎の軽減にも注目されています。イタリアの大学で行われた実験では慢性的な膝関節炎がある被験者のうち、ショウガとエキナセア抽出物を摂取したグループに有意な膝関節の痛み軽減効果が見られたことも報告されています。


肌トラブル予防・軽減に

エキナセアの免疫力向上作用効果などはニキビや湿疹、ヘルペスなど肌の炎症を抑えることにも繋がると考えられています。これは免疫力が整った状態であれば抑えられるはずの菌やウィルスが、免疫機能が乱れていることで大きな炎症として表れてしまう可能性があるため。ヘルペスの再発予防・いつまでも治らない大人ニキビの改善に免疫力を整えようと言われるのも、こうした理由からです。

エキナセアは免疫力を整える働きが期待できることに加え、抗菌・抗ウィルス作用や抗炎症作用を持つとも言われています。このため炎症の原因をより直接的に抑制し、症状を緩和させる働きも期待できます。また大人ニキビ予防に関してはポリフェノールなどの抗酸化作用も過酸化脂質の生成を防ぐことからも、ニキビ予防をサポートしてくれるでしょう。フラボノイドなど抗酸化物質も多いのでアンチエイジングにも繋がるかもしれませんね。


メンタルサポートにも期待

エキナセアは抗不安作用を持つ可能性があるハーブとしても注目されており、ハンガリー科学アカデミーの研究では不安・緊張などの軽減が見られた事も報告されています。同実験では副作用の無さも報告されていることから、不安障害やうつ病などの精神疾患の緩和にも役立つのではないかと注目されています。またアメリカではADD(注意欠如障害)やADHA(注意欠如多動性障害)に対する自然療法薬として利用されており、メンタル面の不調がある方向けのサプリメントにも使われているそうです。

参考元:クラウターハウス

お茶以外の使い方(外用)で期待できる効果

スキンケア・皮膚炎症予防に

エキナセアの抗菌・抗ウィルス作用や免疫力を整える働きは、外側から幹部に直接使用することでも皮膚炎症の予防や軽減に役立つと考えられています。このためニキビ対策などに利用されており、身近な利用法としては冷ましたエキナセアのハーブティーをローションとして利用するとニキビの殺菌に良いとも言われています。

また抗炎症作用から欧米では傷・ただれ・湿疹・火傷・日焼けなどの皮膚炎症に用いる軟膏の成分としてエキナセアが配合されているものもあるそうです。皮膚のバリア機能を回復させる・アトピー性皮膚炎の症状を緩和するという報告もなわれており、皮膚科学方面からも研究が勧められています。

エキナセアの注意事項

  • 妊娠中・授乳中の方、12歳未満のお子さんへの使用は避けましょう。
  • 自己免疫疾患のある方・医薬品を服用している方は使用前に医師に相談しましょう。
  • ヨモギなどキク科植物にアレルギーがある方、アレルギー体質の方は使用に注意が必要です。
  • 連続使用期間は内用・外用を問わず、8週間以内にしましょう。
  • カフェインとの同時摂取は控えましょう。