ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 ダイエット 」 一覧

クミスクチン茶/ネコノヒゲ茶
健康茶と期待される効果効能紹介

グァバ茶・ウコン茶と共に沖縄三大薬草茶に数えられるクミスクチン茶。古くから利尿剤として用いられてきた存在で、腎臓疾患に良い薬草と考えられていました。近年ではポリフェノールの一種ロズマリン酸を含むことから糖質吸収抑制によるダイエット効果、花粉症などのアレルギー軽減効果も期待されています。カリウムを多く含むので血圧

画像:タラの葉

タラの葉茶
健康茶と期待される効果効能紹介

タラノキと言えば山菜の「たらの芽」がよく知られていますが、タラノキの葉や皮を使ったタラの葉茶(たらの木茶)も健康茶や民間医薬として親しまれてきた存在で、現在でもサポニンに血糖値上昇抑制効果の可能性があることが報告されています。ポリフェノールやサポニンなど抗酸化をサポートしてくれることからアンチエイジングティーとしても取り入れられていますし、消化酵素への働きかけによる肥満予防など

画像:緑茶(ギャバロン茶)

ギャバロン茶(ギャバロン緑茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

ギャバロン茶は日本で開発された緑茶の一種で、呼び名の由来伴っている大量のGABA(γ−アミノ酪酸)を含むことが特徴GABAは抑制系の神経伝達物質として働くためストレス軽減・リラックス効果が期待されていますし、血圧降下作用があるのでトクホ商品に利用されていることもありますよ。カテキンなど緑茶と同じ成分も含まれていますので、アンチエイジング効果・免疫力保持にも繋がると考えられます。そのほかダイエットや

シモン芋/カイアポ芋/白甘藷
健康茶と期待される効果効能紹介

シモン芋は「必要な全ての微量栄養素が含まれている」とも称される様々な栄養を含む食材。ブラジルのカイアポ山脈エリアで食されていたことから“カイアポ芋”とも呼ばれており、インディオ達の滋養強壮薬と紹介されることもあります。幅広い栄養成分を含むことから現在でも栄養サポートや骨粗鬆症・貧血予防などに役立つと考えられていますし、便秘改善・肝機能向上や脂肪代謝促進効果が期待できることからダイエット

画像:本葛(葛の花)

葛湯(本葛粉/葛の花茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

体を温めたい時や風邪っぽい時に古くから飲まれてきたくず湯。使う葛粉は葛(本葛)の根から抽出したデンプンが主ですが、血行促進作用も期待できることから冷え性・肩こり軽減などにも取り入れられていますよ。また近年はイソフラボン類やサポニン類を豊富に含む“葛の花”に肥満予防効果も報告されており、ダイエットティーとしてや更年期障害などの不調軽減など女性の美容と健康のサポートにも効果が期待

画像:ソロモンシール(アマドコロ)

ソロモンシールティー(ドングレ茶)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

ヨーロッパではソロモンシールというハーブ名で取り入れられているほか、韓国茶としてドングレ茶が流通したことで注目されているアマドコロ。韓国では伝統的に強壮・疲労回復に利用されていたとされ、現在でもコンバラマリンなどの配糖体の働きで代謝を良くする働きが期待されています。また水溶性食物繊維による肥満予防や糖尿病予防、抗酸化物質やキノン類などによるアンチエイジングや美肌・美白

画像:蓮の実(蓮芯)

ハスの実(蓮芯茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

蓮を使ったお茶は蓮葉茶・蓮花茶・蓮芯茶の3タイプに分けられます。蓮芯茶(蓮子心茶)は蓮の実の真ん中に入っている緑色の芯(胚)部分を原料とするお茶で、独特の苦味を持つことが特徴。ベトナムでは「不眠症の特効薬」として利用されてきた存在で、現代でもアルカロイド類によるストレス対策・精神安定などの働きを持つ可能性が報告されているためメンタルサポートに取り入れられています。そのほか肥満予防や火照り対策

画像:蓮の花(ロータスリリー)

ハスの花(蓮花茶)
健康茶と期待される効果効能紹介

ふんわりと漂う甘い香りからリラックスティーとしても親しまれているロータスティー(蓮茶)。緑茶などに蓮の花の香りを移したフレーバーティーで、蓮に含まれるアルカロイド類などに加え、ベースとなっている緑茶成分を¥も摂取することが出来ると考えられていますよ。このためストレス対策や肥満予防効果が期待されていますし、伝統的に蓮花茶を製造しているベトナムでは「美肌茶」として愛されているそう