ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 精神安定・鎮静 」 一覧

画像:パッションフラワー

パッションフラワー
ハーブティーと期待される効果効能紹介

「植物性の精神安定剤」と言われるほど精神安定に有効とされるパッションフラワー。イライラや精神疲労などはもちろんのこと、ストレス性の不眠解消にも役立ちます。また精神面に起因する頭痛・胃痛・慢性疲労感・過敏性腸症候群など幅広い体の不調や、更年期障害・PMSなど女性特有の精神不調にも効果が期待

画像:コモンセージ

セージ(コモンセージ)
ハーブティーと期待される効果効能紹介

セージは口内の炎症や喉の痛みの緩和効果がよく知られています。それ以外にもハーブの中でもトップクラスの抗酸化作用や女性ホルモン作用による更年期障害の緩和、消化促進、制汗作用など幅広い働きを持ち、古くは万能薬と考えられていたのが良くわかるハーブの1つと言えます。抗鬱、ホルモン分泌調節、抗菌末梢血管拡張作用なども

画像:ネトル(イラクサ)

ネトル/西洋イラクサ
ハーブティーと期待される効果効能紹介

花粉症の緩和などアレルギー対策に役立つとして近年人気が出ているネトル。アレルギー抑制以外にも、栄養価が豊富で貧血の改善や血行促進・精神安定・不眠・むくみ解消・ダイエットなどにも役立つ、現在人に嬉しいハーブです。少量のヒスタミンを含み、経口摂取によって体が慣れてアレルギー反応を起こしにくくなるという説も

画像:タイム

タイム(コモンタイム)

タイムは殺菌作用が強く、風邪やインフルエンザなどの感染症予防や喉の不調、口腔ケアに有効と言われています。肌に対しても抗菌・抗真菌作用がありますので水虫などの皮膚感染症のケアにも利用されます。血行促進や消化促進、リラックスなど幅広い効果が期待出来ます。うっ帯除去、利尿、強壮、抗酸化、収れん、鎮痙、去痰

画像:ペパーミント(Peppermint)

ペパーミント
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

特徴的なペパーミントのシャッキリとした香りは、眠気覚ましや気持ちをリフレッシュさせる働きが期待されています。また胃腸機能のサポートや乗り物酔いのケアなどに役立つとされているほか、近年はミントポリフェノールと呼ばれるルテオリン-7-O-ルチノサイドによる抗ヒスタミン作用などが報告された事で花粉症などのアレルギー軽減用としても注目されています。そのほか消臭・口臭予防や冷感作用による暑さ対策など