ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

レモンバーム/メリッサ
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

抗酸化作用とリラックス作用に優れた「長寿のハーブ」

古くから若返りのハーブの1つとして愛されてきたレモンバーム(メリッサ)はポリフェノールが豊富で抗酸化作用に優れ、花粉症などのアレルギー緩和効果・高いリラックス効果もありますので現代人のストレス対策としても役立ってくれるでしょう。体を温めたり熱を下げる働きがあるので風邪をひいた時にも役立ちます。

画像:レモンバーム(メリッサ)

 

レモンバーム(メリッサ)について

植物紹介:レモンバーム(メリッサ)

レモンバームは南ヨーロッパ原産のシソ科のハーブで、植物的にはシソやミント・薄荷に近い植物です。レモンバーベナなど似た名称のハーブもあるためか属名であるメリッサと呼ばれること多く、この属名はギリシア神話「メリッサという女性が蜂蜜を与えてゼウスを育てた」という伝説に由来しています。ギリシア語ではMelissa(ミツバチ)を意味し、ミツバチを引き寄せるレモンバームにもこの言葉が利用されたと考えられています。

レモンバームも長い歴史を持つハーブで、古代ギリシアやローマ時代には栽培が行われていたと考えられています。糖源であるハチミツを採るための蜜源植物として大切にされていましたし、1世紀に活躍し薬理学と薬草学の父と言われる古代ギリシアの医者ディオスコリデスはレモンバームを噛傷の治療に利用したとも言われていることなどから薬用植物として利用されていたと考えられます。

フランク王国カール大帝はレモンバームに不眠・頭痛などのを改善する効果を認めすべての寺院で栽培するようにと号令をかけ、11世紀にはペルシアの医学者イブン・スィーナーがうつ症状の改善への有効性を認めたと言われています。
時代とともに薬用植物としての効果が認められる一方、8~9世紀頃からレモンバームは若返りの薬草であると信じられるようになり、若返り・長生きのハーブとしても需要を高めます。16世紀には錬金術師として有名なパラケルススがレモンバームを「生命のエリキシル =不老不死の霊薬」と呼び、炭酸カリウムと合われプリムム・エンス・メリッサエいう薬を調合ししました。

不老不死はさておき、現代でもレモンバームはポリフェノールが豊富なことからアンチエイジングに役立つハーブとして愛されていますし、リラックス効果からストレスや抑鬱症状にも役立つと言われています。健康・美容・精神衛生など様々な不調や悩みから利用する方も多く、ハーブティー、アロマテラピー、料理用スパイスやハーブクラフトなど利用法も幅広いハーブです。

基本データ

通称
レモンバーム(Lemon balm)
別名
メリッサ(Melissa)、香水薄荷(コウスイハッカ)、西洋山薄荷(セイヨウヤマハッカ)
学名
Melissa officinalis
科名/種類
シソ科コウスイハッカ属/多年草
花言葉
思いやり、共感、同情
誕生花
2月11日
使用部位
全草(葉、茎)
代表成分
精油(シトラール、ゲラニオール、リナロールなど)、タンニン、フラボノイド、ロズマリン酸
代表効果
鎮静、抗鬱、抗痙、消化促進、発汗促進、末梢血管拡張、抗酸化、解熱、抗菌、抗ウイルス、収れん
こんな時に
リラックス、ストレス性の不調・過食、軽度の抑鬱、不安、動悸、神経症、緊張性頭痛、自律神経失調、風邪・インフルエンザのケア
おすすめ利用法
ハーブティー、ハーバルバス、ハーブチンキ、浸出油、湿布、スチーム吸引、手作り化粧品、料理用ハーブ、精油
ハーブティーの味
レモンのような香り、味はミントに似て苦味があるがサッパリ
カフェインの有無
ノンカフェイン

レモンバーム(メリッサ)の栄養・成分・期待できる効果

レモンバームティー(メリッサティー)

精神面への働きかけ

レモンバームには精神面へ働きかけるシトラール、ゲラニオール、リナロールなどの精油成分(芳香成分)を含む事から精神・神経の問題やそれに起因する症状緩和に高い効果が期待されています。

心を落ち着ける(精神安定)

レモンバームに含まれている精油成分には鎮静作用があるため、イライラやヒステリー、緊張・パニック・ショック状態の時などに高ぶった神経を鎮め気持ちを落ち着かせてくれる作用があります。感情のコントロールが上手く出来ないときなどにも役立ってくれるでしょう。
落ち着いてリラックスしたい時や、ストレスによる不調があるときにはリンデンフラワーパッションフラワーとブレンドして飲むと相乗効果も期待出来ます。


抑鬱・不眠緩和に

鎮静作用以外に、レモンバームの精油成分には抗うつ・抗不安作用があるものもあります。不安が頭から離れない時や気持ちが沈んでしまっている時には気分を高揚させ、元気や明るさを取り戻す手助けをしてくれるでしょう。ストレスで精神的に参っていたり、疲労感や倦怠感が抜けないと感じている方にも適しています。

また気持ちを鎮めて落ち着かせたり、落ち込みすぎた心を癒すことで、心身をリラックスしやすくさせる働きもあります。不安や心配事、過去の嫌な思い出などで頭が冴えて眠れなくなっている時にも有効とされ、神経性の不眠緩和にも用いられています。寝る前ならカモミールラベンダーとのブレンドがオススメです。


自律神経失調による不調に

鎮静と抗うつの作用によって心のバランスが取りやすくなることでストレスを緩和し、自律神経の疲労を緩和する働きも期待出来ます。レモンバーム(メリッサ)の効果効能として挙げられる動悸・不安・緊張・頭痛・めまい・耳鳴り・食欲異常などの緩和は、主にストレスや自律神経失調症による症状を緩和する働きによるものと言えます。


更年期障害・PMSに

ホルモンバランスの影響などから起こる女性特有の症状である更年期障害やPMS(月経前症候群)のトラブルにもレモンバームは効果的であると言われています。特にイライラや気分の落ち込み・不安・緊張など精神的な面で高い効果が期待できますが、自律神経のバランスを正常化するのにも役立ちますので頭痛など肉体面での症状緩和に利用してみても良いでしょう。


感染症・アレルギーに

抗菌・抗ウィルス

レモンバームには抗菌・抗ウィルス作用があり、風邪・インフルエンザ・気管支炎などの呼吸器感染症の予防に有効とされています。また発汗を促進して解熱を促す働きもあるため発熱時のケアとしても役立ってくれるでしょう。口唇ヘルペスに良いとする説もあります。


抗酸化・アレルギー抑制

レモンバームの代表成分としてポリフェノールの一種「ロズマリン酸」が挙げられます。ロズマリン酸はローズマリーなどシソ科のハーブに多く含まれる成分で、過剰な免疫反応を正常に戻し、ヒスタミンの過剰分泌を抑えることで花粉症などのアレルギー症状を抑える効果があると考えられています。ロズマリン酸をはじめ、レモンバームにはコーヒー酸やクロロゲン酸などポリフェノールが豊富に含まれています。そのため高い抗酸化作用が期待でき、アンチエイジング・生活習慣病予防としても人気があります。

またポリフェノールにはアレルギー症状によって炎症が生じた際に発生する活性酸素を分解することから花粉症緩和に有効であるとする報告もあります。ロズマリン酸だけではなくポリフェノール全体の抗酸化作用や、不快な症状で感じるストレスを軽減するなど、レモンバームはトータルで花粉症ケアに役立つとも考えられています。

Sponsored Link


そのほかの働きかけ

胃腸トラブルに

レモンバーム(メリッサ)に含まれている苦味成分は肝臓や胆嚢に作用し、消化吸収を促進する作用があると言われています。また腸内のガス溜まりによるお腹の張りにも良いと言われています。
レモンバームには精神を安定させる働きもあるため、神経性の胃痛や胃炎、過敏性腸症候群などストレス性の消化器系不調には特に役立ちます。


ダイエット・冷え性に

近年ロズマリン酸には炭水化物の分解の過程で出来る麦芽糖をブドウ糖に分解するのを抑制する働きが報告されています。分解を阻害された麦芽糖のままでは体内に蓄積出来ず排泄されるため、体内の糖分吸収を抑制することとなり余分なブドウ糖が中性脂肪として体内に蓄積されにくくなる=脂肪をつきにくくする働きが期待出来ます。
シソ酢ダイエットが一時期話題となりましたがレモンバームにもロズマリン酸は含まれていますので、食事前後に摂取することで糖質の吸収抑制効果が期待できるでしょう。

また発汗促進作用や末梢血管を拡張し血液の流れを改善する作用もありますので冷え性の改善にも役立ちますし、血行・冷えが改善され体が温まることで代謝向上効果などにも効果が期待できるでしょう。ダイエット中のストレス対策・過食防止にも役立ちます。


期待される効果

レモンバーム(メリッサ)は、アルツハイマー型認知症の改善効果やパーキンソン病予防効果、甲状腺機能亢進症(バセドウ病など)を和らげる効果、放射線の害から身を守る効果を持つ可能性が報告されています。

アロマなど外用(飲食以外)で期待できる効果

浸出油の場合はそのまま利用することもできますが、精油をスキンケアやマッサージに利用する場合は必ず希釈して利用してください(協会によって精油希釈濃度の基準は異なりますが、肌に使用する場合は概ね1%以下が安全とされています)。精油の経口摂取は出来ません。

レモンバーム(メリッサ)精油の心身への効果

ハーブティー同様にレモンバームの精油も鎮静作用・抗うつ作用・強壮作用があり、気持ちを落ち着かせ心の状態を安定させる作用に優れていると考えられています。気持ちを落ち着ける働きと、精神を高揚させ明るさ・前向きさ・元気を取り戻させる作用があるため抑鬱や無気力時にも有効です。ストレス性の体の不調全般にも用いられます。

精油の方が芳香成分が濃縮されていますので、高いリラックス効果や精神安定効果が期待できますが、レモンバーム精油(メリッサ精油)は100%を謳っていても他の似た香りの精油や合成香料を混ぜられたものが多いため注意が必要です。価格面でもさほど安いとは言えない精油なので、ハーブティーの方がレモンバームの入口としては適していると言えるでしょう。


スキンケアに

殺菌消毒作用と抗アレルギー作用・抗炎症作用があるとされています。創傷や虫刺され・ニキビを始め、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、湿疹など痒みを伴う皮膚炎症緩和に有効と言われています。ヘルペス対策にも利用されています。

収れん作用によって肌の皮脂分泌を抑制してくれますので、脂性肌の方や頭皮の脂っぽさが気になる方にも適しています。フケ予防にも役立つと言われています。

レモンバーム(メリッサ)の注意事項

  • 食品として適正に摂取する分には安全とされていますが、妊娠中・授乳中の経口摂取は控えた方が安全です。精油も妊娠初期から安定期に入るまでは利用しないようにしましょう。

ハーブティー

 - , , , , ,

投稿日:2015年11月1日
更新日:
制作:ボタニカル♪ラブ

関連記事