ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

ラベンダー
ハーブティー・精油と期待される効果効能紹介

古代から香料・薬用に用いられてきた「ハーブの女王」

様々な働きがある事からハーブの女王とも呼ばれ人々に利用されてきたラベンダーはハーブやアロマを代表する植物でもあります。親しみのあるフローラルな香りは精神を整えるのに役立つとされ、イライラ・落ち込み・不眠・ストレスが原因の身体的不調全般に利用されるほか、肌を整える効果も高いことから化粧品にもよく配合されています。

画像:ラベンダー(Lavender)

 

ラベンダーについて

植物紹介:ラベンダー

ハーブといえばラベンダーと言っても過言ではないくらいに世界中で愛されているラベンダー。交配種を含めたくさんの種類がありますが、ハーブや精油で「ラベンダー」と言った場合は地中海沿岸の真正ラベンダー(学名Lavandula officinalisもしくはLavandula angustifolia)を指すのが一般的です。
ラベンダーという名前の語源は諸説ありますが、沐浴などに使用されていたため「洗う」を意味するラテン語(lavo・lavare)を由来とするというのが通説です。その歴史や用途の広さから「ハーブの女王」とも呼ばれます。

ラベンダーは古代エジプトでのミイラ作りで利用された記録を皮切りに、ギリシャ、ローマ、アラビア、ヨーロッパなど様々な地域で薬用・調理用ハーブとして利用されてきました。古代ギリシアでは既にラベンダーを怒りの鎮静用に用いており、外傷や火傷に対しての外用薬としてや香水としても利用されていたと考えられています。
中世には博物・植物学の祖といわれるドイツの修道女ヒルデガルドの影響でヨーロッパ全土にラベンダーが広まったと言われており、各地の修道院で薬草としての栽培も行われるようになります。ペストなどの伝染病を避ける力があると考えられ、薫蒸して消毒を行っていたとされています。

またラベンダーは古くから民間信仰的な面でも重要視されてきたハーブで、清潔、純粋の象徴でもあります。恋愛や愛情に関わる力を与えてくれると考えられ、男性を魅了する現代で言うフェロモン香水のような利用もなされていたようです。そのほか家の周りに咲いていると家庭円満になるという言い伝えもあるのだとか。

アロマテラピーが考案されたきっかけもラベンダーで、1920年代フランスの化学者ガットフォセが火傷にラベンダー精油を塗ったところ快癒したことから精油の研究を始めたと言われています。香りの効果を抜きにしても、優しく嫌味のないフローラルな香りは好き嫌いの少なく好感度の高い香りであることから、香水や化粧品、洗濯用品、芳香剤など身近な商品にも広く利用されています。

基本データ

通称
ラベンダー(Lavender)
別名
真正ラベンダー、イングリッシュ・ラベンダー、コモン・ラベンダー、薰衣草(クンイソウ)
学名
Lavandula officinalis
Lavandula angustifolia
科名/種類
シソ科ラヴァンドラ属/常緑低木
花言葉
清潔、繊細、疑惑、期待
誕生花
7月5日・10日、12月3日
使用部位
代表成分
精油(リナロール、酢酸リナリル、カリオフィレン、ゲラニオールなど)、ポリフェノール類(ロズマリン酸、クマリン、タンニン)
代表効果
鎮静、抗鬱、神経系強壮、抗炎症、抗菌・殺菌、鎮痛、去痰、抗痙、通経、発汗、保温
こんな時に
情緒不安定、軽度の抑鬱、不眠、偏頭痛、疲労、消化不良、自律神経失調症、月経不順、生理痛、冷え性、風邪・インフルエンザのケア
おすすめ利用法
ハーブティー、ハーバルバス、ハーブチンキ、浸出油、湿布、スチーム吸引、手作り化粧品、料理用ハーブ、精油
ハーブティーの味
優しく落ち着く花の香り、微かな苦味があり濃くする程苦くなる
カフェインの有無
ノンカフェイン

ラベンダーの栄養・成分・期待できる効果

ラベンダーティー

精神面への働きかけ

ラベンダー独特のフローラルな香りの元でもある酢酸リナリル(リナリルアセテート)やリナロールなどの精油成分の働きから、精神・神経の問題やそれに起因する症状緩和に高い効果が期待されています。

心を落ち着ける(精神安定)

ラベンダーの香りの主成分である酢酸リナリルとリナロールは共に鎮静作用を持つとされており、ストレスや緊張で強張ってしまった心身を落ち着かせリラックスさせてくれます。心を落ち着け安らぎを与えることで不安やイライラ・神経疲労などの改善に高い効果が期待できます。

また酢酸リナリルには気分をリフレッシュさせる・気持ちの落ち込みを和らげる働き(抗うつ作用)などあることも報告されており、中枢神経のバランスを回復させることで幅広い心の不調改善に役立つと考えられています。気持ちの落ち込みや無理力状態からの回復はもちろんのこと、躁鬱状態のようなアップダウンが激しい場合にも緩和効果が期待できるでしょう。イライラが強い場合にはホップ、落ち込みが強い場合にはローズマリーなどとブレンドするのもオススメです。


自律神経失調・不眠の緩和

ラベンダーは古くから安眠に役立つとしてポプリやハーブピロー(枕の詰め物)として利用されてきました。現代でもイギリスの病院で不眠症を訴える患者にラベンダー精油の香りを嗅がせると睡眠の質が向上したなど、寝具にラベンダーの香りを含ませると深い眠りの時間が長くなるなど様々な実験報告がなされています。

不眠解消に役立つのは副交感神経を刺激し活発化させることで、深い鎮静・リラックス状態を作り働きがあるためと考えられています。そのためラベンダーは動悸・不安・緊張・頭痛・めまい・耳鳴りなど自律神経失調による不快な症状にも利用されています。
リラックスタイムには同じような効果のあるレモンバーム(メリッサ)パッションフラワーなどとブレンドしたハーブティーをゆっくり飲んだり、アロマバスに入ると良いでしょう。


健康維持や冷え性に

冷え・疲労回復に

ラベンダーは副交感神経を活発化させることで筋肉の強張りを改善し、肩こりなどの緩和や疲労回復にも役立つと言われています。また体を温める作用があり、筋肉のコリが和らぐことで血流の滞りも改善しますから冷え性の改善にも効果が期待できるでしょう。


風邪・インフルエンザなどに

ラベンダーには殺菌消毒作用があることから温かいハーブティーを飲んだり上記を吸引することで風邪予防に役立つと言われており、咳・喘息・気管支炎・インフルエンザ・扁桃炎・咽頭炎など呼吸器系トラブルの予防やケアにも利用されています。

そのほかにラベンダーには体を温めて発汗を促すことで、解熱や毒素の排出にも役立ちますから風邪やインフルエンザによる発熱があるときにも役立ってくれるでしょう。


女性特有の不調に

ホルモンバランスの急激な変化によって自律神経が乱れることで起こる更年期障害や、生理前に不快な症状を覚えるPMS(月経前症候群)の改善などにもラベンダーは利用されています。更年期障害や生理前のイライラ・ヒステリーや気持ちの落ち込みなどの精神的症状はもちろんのこと、自律神経の乱れから起こるほてり・めまい・頭痛など身体的な不調にも効果が期待でいるでしょう。

また体を温める働きと合わせて生理痛の緩和にも役立ちますし、穏やかに月経を促す作用があると言われ月経不順の改善にも有効とされています。

Sponsored Link


ストレス性の不調全般に

消化器系の不調に

ストレスの影響を受けやすい消化器系の不調にもラベンダーは有効とされています。心因性の胃痛などはもちろんのこと、副交感神経を活性化することで消化機能を向上させ吐き気、消化不良、下痢、お腹がガスで張っている感じ、便秘などを緩和すると言われています。

精神的な緊張やショックたけではなく、気温や騒音・光・匂い・空気汚染など外的な要因もストレスとなりますから、食あたりなど明らかな原因がない場合のお腹の不調があるときに試してみても良いでしょう。


動悸・頭痛など

ラベンダーは心身の緊張・強張りを和らげることでストレス性の動機や不整脈、高血圧、頭痛・偏頭痛などの緩和にも有効とされています。緊張しやすい方・緊張が体に出やすい方はプレゼンや面接の前にラベンダーティーを飲んでみても良いかもしれません。

アロマなど外用(飲食以外)で期待できる効果

ラベンダー精油は局所的に利用する場合であれば原液のまま使用できますが、日常的なスキンケア使用する場合は希釈するようにしましょう。飲用など精油の経口摂取は出来ません。

ラベンダー精油の心身への効果

心への作用

鎮静作用が強いことから神経疲労やストレス、イライラ・ヒステリー・神経過敏など興奮状態を抑える、リラックス用としてラベンダーの香りは利用されることが多いです。体内時計のリセットに役立つとも言われ徹夜をしてしまった後や海外旅行時の時差ボケ解消にも利用されます。


体への作用

ラベンダーの精油は鎮痛作用に優れていると言われており、頭痛、筋肉痛、坐骨神経痛、胃痛、月経痛などあらゆる「痛み」の緩和に役立つと言われています。香らせる以外にシップやアロマトリートメントとしても利用されます。
また殺菌や免疫力向上に役立つとしてお部屋の空気浄化・感染症予防にも用いられます。部屋全体に利用したい時はハーブティーよりも精油が適しているでしょう。


スキンケアに

ラベンダーには殺菌効果があり、切り傷や火傷などの外傷やニキビのケアに有効とされています。傷の治りを促進する働きもあるためケアに利用すると傷跡が残りにくいとも言われています。

また皮脂バランス調整や皮膚細胞を活性化させる働きもあると言われており、美しい肌の状態を保ってくれるでしょう。精油は皮膚に潤いと柔軟性を持たせるエモリエント剤として多くの化粧品に配合されています。ヘアケアにも役立ちシャンプーやトリートメントに混ぜると脂っぽさやフケを予防し頭皮・髪を健やかに保ってくれます。ハーブティーを入浴剤として利用したり、お風呂上がりのヘアトニック代りにしても良いでしょう。


防虫剤としても

ヨーロッパでラベンダーがポプリやサシェとして利用されていたのは、良い香りを服につけたりリラックス出来るようにという意味だけではなく、虫除けという実用的な意味合いもあったようです。中世には虫除けにラベンダーの花を吊るしていた地域もあるそう。

ドライフラワーを布で包んでクローゼットに入れておいたり、精油でアロマスプレーを作って吹きかけておくと良いと言われます。ただし成分的に見ると優しくリラックスする香りの真正ラベンダーではなく、フレンチラベンダーやスパイクラベンダーなどツンとした刺激性のある香りのものが防虫に有効と考えられます。

ラベンダーの注意事項

  • 食品として適正に摂取する分には安全とされていますが、妊娠中・授乳中の経口摂取は控えた方が安全です。精油も妊娠初期から安定期に入るまでは利用しないようにしましょう。
  • 思春期前の男児へのラベンダー精油の使用は女性化乳房の原因となる可能性が示唆されています。

ハーブティー

 - , , , ,

投稿日:2015年11月4日
更新日:
制作:ボタニカル♪ラブ

関連記事