ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

ホーステール/スギナ

泌尿器系トラブルや止血にも役立つ「ミネラルの宝庫」

古くは泌尿器系トラブルや止血用としてよく使われていたツクシの栄養茎ホーステール(スギナ)。近年ではアンチエイジングや美容面での効果が注目されるシリカ(ケイ素)を多く含むことで注目されています。「ミネラルの宝庫」と言われるほど豊富なミネラル類を筆頭に様々な成分を含むため不足しがちな栄養の補給源としても適しています。

画像:ホールテール(Horsetail)

 

ホーステール(スギナ)について

基本データ

通称
ホールテール(Horsetail)
学名
Equisetum arvense
別名
杉菜(スギナ)、Common Horsetail(コモン・ホーステール)
花言葉
向上心、努力、意外、驚き
誕生花
3月6日・3月12日
科名/種類
トクサ科トクサ属/常緑多年草
使用部位
地上部(葉・茎)
代表効果
収れん、去痰、鎮咳、利尿、抗炎症、癒傷、止血
こんな時に
膀胱炎、尿道炎、良性の前立腺肥大、むくみ、尿失禁、月経過多、不正出血、髪や爪の強化、肌の張り、自律神経失調上
おすすめ利用法
ハーブティー、ハーバルバス、ハーブチンキ、浸出油、湿布、手作り化粧品
ハーブティーの味
干し草の様な香りと味、緑茶に近い

植物紹介:ホーステール(スギナ)

ホーステール(スギナ)は日本でも道端に自生しているツクシの栄養茎部分を指します。最初に花も葉もない薄茶色のツクシ(胞子茎)が芽を出し成長した後、光合成を行うために茎と葉からなる緑色のスギナ(栄養茎)が生えてきます。一見ツクシとスギナは別の植物のように見えますが、根の部分は1つに繋がっています。

スギナは古生代(6億~3億7500万年前)大木だったものの子孫と考えられています。人間が利用した歴史も古く、中国では「接接草」と呼ばれ煮汁を薬用に、西洋では「ホーステール」と呼び地上部をハーブとして利用してきました。インド伝承医学アーユルヴェーダでも前立腺肥大や失禁・夜尿症の改善に用いていたようです。日本民間医療での使用は遅く、江戸時代にヨーロッパからスギナの薬効を伝えられました。

学名(属名)のEquisetumはラテン語のequus(馬)とsaeta(剛毛)を合わせたもので、英名のホーステールもこれに由来しています。和名の杉菜はスギの樹形に似て見える菜(食用できる草本)から命名されました。

名前の由来となっている見た目も特徴的ですが、スギナは完全に除去するのが難しい雑草としてもよく知られています。しぶとい雑草として嫌われる一方、広島原爆投下後の大地に最初に生えたという強靭な生命力からパワー溢れるハーブとしてスピリチュアル的な面から好まれることもあるようです。栄養も豊富なのでパワーをもらえる可能性は低くないでしょう。

ホーステール(スギナ)の栄養・成分・期待できる効果

ホーステールティー(スギナ茶)

豊富な栄養素の働き

ホールテール(スギナ)は「ミネラルの宝庫」とも呼ばれるようにカルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄、亜鉛、ケイ素などのミネラル類を豊富に含んでいます。その量はカルシウムはほうれん草の155倍、リン・カリウムは5倍、マグネシウムは3倍とも言われています。

またビタミンCやE、葉緑素、サポニン、ケルセチンなどのフラボノイド類、サポニン類、タンニン、フィトステロールなど幅広い成分も含んでいます。ミネラル・栄養補給源としてや、疲労回復などにも役立つハーブティーと言えます。

泌尿器科トラブルに

利尿作用や消毒作用や腎臓の機能を高める働きがあることから、ホールテール(スギナ)は膀胱炎、尿道炎、尿路結石、前立腺炎、頻尿、失禁、夜尿症など泌尿器系のトラブル・尿路感染症にヨーロッパで昔から利用されてきました。

男性の前立腺トラブルによる排尿トラブルの場合はソウパルメット (ノコギリヤシ)がよく知られていますが、前立腺以外の場合や女性の排尿トラブルにはホールテールの方が適しています。粘膜保護作用のあるマーシュマロウマロウブルーなどとブレンドして飲むと良いでしょう。

アレルギー緩和にも効果が期待

近年の研究発表ではホールテール抽出物がアレルギーを引き起こすヒスタミンH1受容体(H1R)遺伝子の発現を抑制することが発表され、花粉症の改善にも効果が期待されています。

そのほか期待される効果

止血作用から女性の月経過多や不正出血の改善、腎機能向上からデトックス、サポニンの働きによる高血圧や動脈硬化などの生活習慣病予防予防、ミネラルなどの成分による便秘改善効果があると言われています。

ホールテール(スギナ)は「天然の精神安定剤」とも呼ばれるカルシウムとマグネシウムを豊富に含んでおり、自律神経のバランスを整えて体のだるさやイライラ・不眠などの改善にも役立つと考えられています。

美容に嬉しいケイ素(シリカ)

シリカは海外セレブが取り入れていることなどから注目が集まっているミネラルの一種で、毛髪・爪・歯・骨・関節・血管・細胞壁などあらゆる細胞に含まれています。シリカは体内で生成できないため外部からの摂取が必要な成分で、ホールテールは二酸化ケイ素やケイ酸塩といった形でシリカ(ケイ素)を豊富に含んでいます。

Sponsored Link

老化防止(アンチエイジング)に

シリカは歯のエナメル質の強化、毛根に栄養を届け艶とコシのある髪を作る、爪の強度や艶を保つことなどにも関係しており、加齢などによってシリカが不足することで、それぞれの箇所が劣化してしまいます。
しっかりとシリカを摂取することで髪・爪・歯などの老化を防ぎ、若々しい状態に保てると考えられています。またコラーゲンの密度を高めることで筋肉老化を抑制する働きもあると言われています。

シリカは骨を丈夫にしたりカルシウムの吸収を助ける働きがあります。ホーステールティー(スギナ茶)はカルシウムも多く含んでいますから、骨粗しょう症の予防に効果が期待出来ます。骨密度が低い人ほどシワが出来やすいという研究報告もありますし、軟骨の生成や関節の働きなどにもシリカは関係していますから若々しい動きの維持という点でも老化防止に役立ってくれそうです。

またホーステールはビタミンEやフラボノイドなど抗酸化作用のある成分も含んでいますから、シリカと相乗することで老化防止に多方面からのアプローチが期待できるハーブと言えるでしょう。

肌のハリ・潤いに

シリカは皮膚にも存在しており、コラーゲンやエラスチンなど肌の組織を束ねる役割や、肌細胞の隙間を埋めることで保水力をアップさせる働きがあります。シリカでコラーゲンなどの密度をアップさせることで肌のハリを保ち、シワやたるみ予防に役立つを考えられています。

またシリカはコラーゲンを一緒に摂取することでコラーゲン合成率を高め、肌弾力アップを効果的にする働きがあることも報告されています。コラーゲンを含む食品と一緒にホールテールティー(スギナ茶)を摂取してみても良いかもしれません。

むくみ・まぶたの腫れに

シリカは血液循環をスムーズにしたりコラーゲン組織を強化することで、むくみを解消し皮膚を引き締める働きがあると言われており、小顔効果などにも期待されている成分です。ホールテールは葉緑素など利尿作用のある成分も含むのでむくみ解消に相乗効果が期待出来ます。

また筋肉疲労を抑制する働きで瞼にあるミュラー筋の衰えを防ぐ働きもあるため、むくみ解消や引き締め効果と合わせて、まぶたの腫れやたるみのケアにも有効とされています。

外用(飲食以外)で期待できる効果

スキンケア、ヘアケアなどに

肌への働き

ホールテールに含まれるシリカ(二酸化ケイ素)は肌を引き締める・肌のキメを整える・肌のハリを高める・保湿・肌の新陳代謝アップなどが期待でき、化粧品の成分やエステなどにも取り入れられています。

抽出物よりは効果は劣りますが、シリカを含むホーステールもまた上記効果が期待できるでしょう。抗炎症作用があり湿疹など痒みを伴う炎症の緩和にも有効とされています。また入浴剤代わりに利用すると肌に良いだけではなく、温浴効果も高まります。

目の疲れ・目の腫れに

ホーステールのドライハーブを詰めたアイピローや、ハーブティーに浸したホットタオルを瞼に乗せると、瞼の腫れや目の疲労改善に良いと言われています。

髪・爪への働き

髪のすすぎやハンドバスにホーステールティー(スギナ茶)を利用することで、シリカをはじめとするミネラルの働きで髪や爪のハリ・艶の復活に役立つと考えられています。爪の表面がカサついていたり、折れやすい・割れやすいような場合にも良いようです。

傷や関節の痛みに

ホールテール(スギナ)は肌に塗ったり、ハーブティーなどを浸した湿布として利用することで出血を止めて傷の治りを促進する働きがあるとされています。※傷に直接塗布する場合は、使用方法により雑菌が入ってしまう場合がありますので注意が必要です。

また捻挫や打撲、関節炎、リウマチなど外傷がない場合の炎症を鎮め痛みを抑える働きもあります。アメリカのアスリート達も怪我予防や早期回復用として取り入れているようです。

ホーステール(スギナ)の注意事項

  • 心臓または腎臓の機能不全の方、スギナ・ツクシにアレルギーのある方、ニコチンに対する過敏症がある方は使用出来ません。
  • 妊娠中・授乳中・お子様への使用は避けましょう。
  • 長期間の経口摂取は避け、疾患がある・医薬品服用中の方は医師に相談しましょう。

ハーブティー

 - , , , ,

投稿日:2015年10月28日
更新日:
制作:ボタニカル♪ラブ

関連記事