ボタニカル♪ラブ

ハーブ・生薬・スパイス…植物のチカラで日々を素敵に

「 女性ホルモン・月経トラブル 」 一覧

画像:サフラワー(紅花/ベニバナ)

サフラワー/紅花(ベニバナ)

古くから血行促進や血液浄化作用から冷え性の改善に、また女性特有の不調改善に利用されてきた歴史を持つサフラワー(紅花)。ホルモンバランス調整や婦人科系トラブル以外にも抗酸化や肌荒れ予防、便秘解消など女性に嬉しい様々な効果が期待できますし、似た働きを持つサフランよりも安価で利用しやすいことから多くの女性

画像:バーベイン(Vervain)

バーベイン

古くから聖なる万能薬として用いられていたほか、魔力を持つ植物として利用されてきたバーベイン。現代でもリラックス作用や神経・肉体の強壮に役立つハーブとして多くの方に愛されています。女性領域への働きかけもあるので、月経トラブルやホルモンバランスの影響で不安定になりやすい女性のサポート役としても心強いハーブ

画像:アニスシード(Aniseed)

アニスシード

お菓子に利用される甘い香りのスパイスとして知られるアニス。消化不良や胃もたれなどの消化器系の不調や咳・気管支炎緩和などに利用されるほか、エストロゲンと似た構造を持つ「アネトール」を含んでいるため更年期・PMS(月経前症候群)・生理不順など女性特有の不調の改善に用いられる他、バストアップ効果なども期待

チェストベリー/チェストツリー

PMSサプリの定番成分、チェストベリーはホルモンバランスを整えることで女性の不調や情緒不安定さを改善するハーブとして親しまれています。生理前のイライラや落ち込み、胸の張り、むくみなどPMS症状に対してドイツでは医薬品として認められているほど。更年期障害や生理不順・生理痛改善の他、バストアップにも注目

画像:フィーバーフュ-(マトリカリア)

フィーバーフュー

奇跡のアスピリンとも呼ばれたフィーバーフューは古代ギリシャ時代から炎症を抑える作用が認められていたハーブです。科学的にも古くから効果が知られていた頭痛や偏頭痛に対しての効果が認められ、痛みに悩む多くの方に愛されています。近年は花粉症などのアレルギー症状改善にも効果が期待出来る「天然の抗ヒスタミン」と

画像:レッドクローバー(ムラサキツメクサ)

レッドクローバー

レッドクローバーは大豆の10~20倍と言われる豊富なイソフラボン類を含み、ホルモンバランスを調整し更年期障害や生理前のイライラ・月経不順など女性特有の不調緩和に役立つとされているハーブです。エストロゲン様作用を持つため女性らしい体作りや肌荒れ防止など美容面でも効果が期待され、血行促進やむくみ解消にも

画像:ラベンダー(Lavender)

ラベンダー

様々な働きがある事からハーブの女王とも呼ばれ人々に利用されてきたラベンダーはハーブやアロマを代表する植物でもあります。親しみのあるフローラルな香りは精神を整えるのに役立つとされ、イライラ・落ち込み・不眠・ストレスが原因の身体的不調全般に利用されるほか、肌を整える効果も高いことから化粧品にもよく配合

画像:ホールテール(Horsetail)

ホーステール/スギナ

古くは泌尿器系トラブルや止血用としてよく使われていたツクシの栄養茎ホーステール(スギナ)。近年ではアンチエイジングや美容面での効果が注目されるシリカ(ケイ素)を多く含むことで注目されています。「ミネラルの宝庫」と言われるほど豊富なミネラル類を筆頭に様々な成分を含むため不足しがちな栄養の補給源としても